Menu

Top > プロダクト・ユーザー > Geoff Whitehorn

Geoff Whitehorn

 ギタリスト

"I like what titanium does to the sound. As well as improving sustain, it seems to make the notes "rounder" and "deeper", somehow. The nastier, high harmonics seem to be smoothed out and everything just sounds more "musical". Also, my favourite '64 Telecaster, with the addition of PR-08WD compensated saddles, now plays completely in tune for the first time in its 43 year existence, and sounds amazing, too"

サスティンが良くなるのもそうなんだが、チタンがサウンドに対してはたらく効果が好きなんだ。サウンドがまるくなり、深くなる..っていうようなね。 耳障りな高域のハーモニクスはなめらかになり、サウンドの全てが音楽的になる。それと最近、PR-08WD compensated saddles をつけた、お気に入りの64年のテレキャスター..。誕生43年にして、初めて完璧にチューニンクされた形でプレイできるし、サウンドもアメイジングだよ!


英国ジャズロックバンドの、"If" を経て、1975 年、BAD COMPANY のツアーに参加。1976 には、急死した Paul Kossoff の後釜として Back Street Crawler にてプレイ。その後、The Who や、Paul Rodgers との競演で活躍し、現在は、Procol Harum のギタリスト。また彼は、Marshall Amplification のモニターとして、日本のマーシャル主催、ブルースフェスティバル等にも参加しているので、プレイをご覧になった方も多いことだろう。KTS とのつきあいは長く、彼の所有するストラト、レスポール、テレの多くが、チタンサドルにリプレイスされている。左の写真は、テレ用チタンサドル、PR-08WD が搭載された '64 Telecaster。

Geoff Whitehorn Official Website

ES335 に搭載された PR-02

PR-02 on ES335

ES335 に搭載された PR-02 アップ

PR-02 on ES335

PRS に搭載された PR-14

PR-14 on PRS

使用パーツ

PR-02 | For Vintage ABR-1 T.O.M GIBSON®

Gibson® Vintage ABR-1 Tune-O-Matic に対応するサドルです。現行の Gibson® オリジナルパーツである "BR-10" の規格に合わせてあります。

パーツ詳細をチェック >>

PR-14 | For Synchronized Tremolo (10.5mm)

現行アメスタ(2008~)や PRS トレモロ、韓国製をはじめとする、アジア製ギターに多く採用されている規格で、10.5m/mストリングスピッチのプレスサドルです。スクリューはインチ規格です。

パーツ詳細をチェック >>

PR-08WD | For Tele 3pcs. style (slant)

ブリッジの弱点である、オクターブチューニングを向上させるため、弦方向に対し、サドルを斜めにプレイスメントした製品です。ハイポジションでのコードに安定感が向上します。3pcs. のブリッジであれば、U.S.A. モデル Telecaster® にも装着可能です。弦溝は成型してありません。

パーツ詳細をチェック >>

その他のユーザー

Al Di Meola | 朝井 泰生 | バカボン 鈴木 | Brad Fernquist | チャマ | 藤原 基央 | 五味 孝氏 | 石川 俊介 | Jinshi Ozaki | Joe Holmes | Joe Perry | Larry Carlton | Matt Bellamy | Michael Rhodes | 中條 卓 | Nils Lofgren | 野村 義男 | Okahiro | 岡安 芳明 | スティング 宮本 | Toshi Hiketa | Toshi Yanagi | 横山 健 | 米川 英之 | etc...