Menu

Top > スペシャル・インタビュー > スペシャル・インタビュー

Special Interview スペシャル・インタビュー

G-Life Guitars ショールーム訪問

G-Life Guitars ショールーム訪問

G-Life Guitars は高品質の木材を使用し熟練のクラフツマンのみで製作されるため製作本数も限られ、通常一般の楽器店では販売されておらずお目にかかる機会は少ないが、その認知度はハイエンドギターユーザー中心に確実に浸透している。KTS は、G-Life Guitars のほぼ全ての機種で採用されている Floyd Rose Original 向けの、String Lock Insert, Ti-Block で初期のモデルの頃から小さなお手伝いをさせていただいている。このたび、弊社の新製品、Ti-Block β を、試験的に採用していただき、その評価をいただくため、高田馬場にある、G-Life Guitars ショールームに伺った。

対応していただいたのは、ギターテックの河本氏。まずは、G-LifeGuitars 7th Anniversary DSG Life Alder(税別 ¥330,000)に搭載された弊社の新製品、Ti-Block β についての感想を伺った。究極なまでに完成されたギターの中で、弊社製品のような小さなパーツが、どの様な効果を与えてくれるのかということは、正直言って不安な部分もあったが、河本氏にいただいた評価は、絶賛に近いものであった。全ての音にまとまりができバランス良く前に出てくる。G-Life Guitars が求めるタイトでクリアなサウンドが、Ti-Block β でさらに効率的に導き出されている様だ。また、スクリューを締め込んだときのホールド感が非常に安定している。このような効果は、素材の、結晶組織および物理的性質に起因するものと考えられる。

今回我々は、大同特殊鋼のβチタン合金を採用。チタン合金の中では最も強度の優れたものだ。表面硬度は、Hv290 前後で、現行品の Hv250-270 より若干硬めになっている。純チタンに比べ弾性に富み、眼鏡フレーム等にも使用されている材料である。また音響的に優れた性質を持つことでも知られ、最近、YAMAHA から発売された高音質イヤフォンの音導管にβチタンが採用されている。この Ti-Block β へのアップグレードも G-Life ショールームならいつでも可能になっている。もちろん試着(試奏)も対応可能なので興味のある方は是非 G-Life ショールームで相談にのってもらおう。

前後してしまったが、河本氏に、G-Life Guitars についていろいろと伺った。現状のラインアップは、ピエゾ搭載の最高級モデル DSG EXTREME、コストパフォーマンスの高い DSG Premium、そして Cross Edge シリーズ となっている。詳しいスペックに関しては、G-Life Guitars の HP http://www.g-life-guitars.com/ を参考にしていただきたい。そもそも他のハイエンドギターとの大きな違いは何かとの質問に対しては、”G-Life は常に進化しています。一見同じ外見に見えても現場の意見を素早く取り入れ、さまざまな箇所に手を加えてここ数年も進化し続けて来ました。 1本1本に我々プロの手が入れられ常にベストの状態で保持されている事はもちろんですが、スタッフ一同が常にその上を目指し最高峰の夢を追い続けているブランドなのです。” との事である。この週末、あなたも珠玉のサウンドを体験しに、G-Life Guitars ショールームに、お出かけになってはいかがだろう。

2015.04.24

G-Life Guitars

Web Site:
http://www.g-life-guitars.com/
ショールーム所在地:
〒171-0033 東京都豊島区高田3-36-1
TEL:
03-6907-2562