Menu

Top > KTSとは

About Us KTSとは

KTS は、自社が永年培ってきた金属加工技術を利用しエレクトリックギター、ベースのサウンド、およびその構造に重要な役割を持つ金属パーツの、企画、開発、製造、販売を行っています。弊社の金属パーツは、ギターパーツを構成する1つの部品というような小さいパーツ、あるいは楽器の内部に入って見えないパーツが多いのですが、それら一つ一つに心を込め、ギターを愛する全ての人たちのサウンド向上への、小さなお手伝いをさせていただくのが我々の使命であると考えております。

弊社主要製品の一つに、Tune-O-Matic と呼ばれる Gibson® スタイルのギターに多く使われている Titanium Bridge Saddles があります。ブリッジサドルとは、ブリッジを構成する小さなパーツで、弦の振動を直接受け、ボディーへと伝達する重要な役割を担っています。この小さなパーツを、KTS は10数工程かけて作り上げます。それはビルダー、ルシアーと呼ばれる方々が、心を込めて自らの作品である楽器を作り上げていくのに似ています。その音質と高精度な品質は発売当初より、プロフェッショナルブレイヤー、ビルダーの方々から高い評価をいただき、現在、世界中の、多くのプレイヤーに愛用されております。

また、弊社圧延加工技術を利用して開発されました、チタン製ギターネック補強材は、現在 Ibanez をはじめとする多くのブランドのギター、ベースに採用され、その品質の安定性に貢献させていただいております。このように、ギター内部に隠れ、見えない部分ではありますが、”KTS Inside”という形での信頼感を、メーカ様、ユーザー様に、ご提供できることを、我々は誇りに思っておる次第でございます。

今後、我々はプレイヤー達が誰でも望む、サウンドのアップグレードに対するお手伝いを、弊社製品のみならず、これまで構築してまいりました、強力なネットワークの中でも行っていきたいと考えております。たとえば、平成25年にオフィスと併せ設置した、KTS Upgrade House。自社製品のみならず、シールド、ピックアップ、サーキット、エフェクツ等含むトータルな、サウンドのアップグレードの提案、提供をしてまいります。(※2017.9時点移転のため休止しております。)

KTS は、小さなパーツを扱う小さな会社であります。その小さなパーツが、より多くのプレイヤーの皆様に大きな感動を与えることができ、その小さな会社が、楽器業界に、大きな貢献が出来れば、我々にとって、この上ない幸せでございます。

平成26年9月20日
代表取締役 増田 博

  • 社長's Column Archives
  • マネージャーのツイッター
  • 製品
  • カスタム・ショップ